初学の段階では、知識としての季語を覚えるのに懸命ですが、吟行を重ねて感覚としての季語が身につくように心がけましょう。

知識と感覚の違い

今は秋だから、と頭で考えて秋の風と詠むのではなく、頬を撫ぜる風にふと秋を実感したのなら、風は秋という表現になるはずです。秋の山、秋の牧と、山は秋、牧の秋との微妙な違いがわかるでしょうか。

牧場に散らばって草を喰んでいる牛を見つけて、牧牛というのと牧の牛と詠むのとの違いについても考えてみましょう。前者は、いきなり牛に焦点を絞っていて周囲の牧場の景はかすんでいます。一方後者は、まず広々とした牧場が見えてきて、次にそこにあそぶ牛の様子にスームアップされたように連想できないでしょうか。

知識としての季語を引っ張り出して考えて作るというプロセスでは後者のように詠むことは難しいでしょう。俳句表現のテクニックともいえますが、季語の本質を理解し、かつ感覚としてそれをしっかり身につけるという基本訓練の積み重ねによって培われるるものだということを力説したいのです。

感覚を働かせて詠む

吟行が苦手だといわれる方には、まず具体的な季語を見つけないさいとアドバイスしています。けれどもある程度経験を重ねると、季語はあと付けになるケースのほうが多いのです。つまり、まず感興を覚えて実景を写生し、それにどのような季語をどのような表現で斡旋するのが最もふさわしいのかと模索して一句が完成するというパターンです。

ところが感覚の引き出しが十分でない場合は、一句ごとに完成させようと頭で考えこんでしまうので限られた時間内で多作することができないのです。吟行は、速写(クロッキー)です。未完成でもよいので感興を覚えた情景をどんどんメモして、それをあとから推敲して完成させればいいのです。感覚は知識とは全く違うので多作の訓練で育てるしか方法はありません。

作品は何度も推敲する

そのときは良い句が授かったと思っても一日置くと色あせてしまう作品もありますし、投句せずに句帳に残っているものの中に推敲で蘇る作品もあります。あなたは、句会が済んだら句帳を見直すこともなくそれでおしまい、というスタイルになっていませんか。それではあまりにも勿体ないです。

句会で投句しなかった作品を推敲し完成させて無料添削に出しましょう。句帳に残った作品を小出しして毎日句会に投句しても良いのですが、句帳はいつも空にしておいて常に新しい句に挑戦して投句する習慣を身につけられるほうがより望ましいです。

他の人の作品からも学ぶ

他の人の作品を真似て類句類想を詠むことはタブーですが、他の人が詠んだ作品からふとヒントを得て未完成であった作品が完成するというケースも多々あります。誰がどのような句を詠み、誰がどのような作品を選んでいるかというような観点でしっかりと披講に耳を傾けましょう。自分の作品が披講されているのに、タイムリーに名乗れないというのは披講に集中していないからで、それは被講子に対してもたいへん失礼な行為であるということを自覚しましょう。