GHでは、頭で考えて句をひねるのではなくて、見て感じて詠むために写生を前提とした学びを推奨しています。

紫峡先生からは、俳句の写生は、文字で絵を書く訓練 だと教えられました。そしてその学びの過程は、絵画の基礎訓練にとても良くにているのです。

デッサン

デッサンは、フランス語の「dessin」、日本語では「素描」と訳されます。

鉛筆や木炭・コンテなどを使った単色の線描で、線や濃淡で表現します。対象物となるものの形や質感を捉えることに重点を置いて描いたもので、彩色する前の下絵のこともあり、物事のあらすじについても「デッサン」と言われます。

俳句における推敲や添削は絵画でいう色付けと同じです。下絵が的確でなければ彩色しても生きてこないのです。

心象や理窟を封印して素描に徹する。素描だけで特徴を捉える訓練。

スケッチ

スケッチは、英語の「sketch」、日本語では「写生」と訳されます。

風景や人物など対象物となるものを、短時間で大まかに写し取ることに重点が置かれます。スケッチは「小品(画)」とも呼ばれ、短い文章で簡単にまとめることや、その作品、小品文なども「スケッチ」といわれます。

その意味でも、俳句はまさにスケッチです。「短時間で」という課題を克服するには多作しかありません。

あらかじめ目標を決めて自らに課す。限られた時間内で多作する訓練。

クロッキー

クロッキーは、フランス語の「croquis」、日本語では「速写」と訳されます。

英語の「スケッチ」に相当しますが、日本では主に、人物の動きや質感を短時間に描いたものを指すそうです。スケッチに比べて時間が短く、対象物の特徴を瞬間的に捉える目的で描かれたものを言うそうで、「略画」とも呼ばれます。

クロッキーを俳句で例えれば、「即物写生」ということになります。多くのことを言いたくて説明すればするほど時間の経緯になり句が弱くなります。つまり如何に省略するかが即物写生の命なのです。

継続が命

俳句の学びの過程で言うと、デッサンは初級、スケッチは中級、クロッキーは上級ともいえます。初級をパスして中級を学ぶことは難しく、初級、中級を克服せずして上級を目指すことは至難だからです。

上達への近道は、決して寄り道をしないということですが、その道程を陸上競技に例えれば100m走ではなくマラソンです。うさぎと亀の喩えを思い出してください。大切なのは早く走ることではなく決して休まないことなのです。