みのるは句会が終わったあとからも推敲をよくします。

吟行では多作する習慣がついているので、あまり難しく深く考えないで思い浮かんだことを速記のように句帳に記していきます。つまり、吟行は、原石である句を一句でも多く拾うことが目的、取材なのです。その原石を光らせるためにあとから推敲をします。

みのるの推敲法では、意識しているいくつかのパターンがあります。

体言どめ

切れ味の良い句にするには、語調を整えること、できるだけ省略して焦点を絞ることは言うまでもありませんが、できるだけ瞬間写生に詠む工夫をします。時間の経過を詠むと余韻は生まれますが句が弱くなります。表現のうえでは、体言どめ(名詞どめ)を意識して推敲すると力強い句になります。

切れ字どめを進化させた断定表現

ほのぼのとした余韻のある作品にするには、「かな」に代表される切れ字どめがいいですね。切れ字俳句を古いとする現代俳人もいますが、決してそんなことはありません。これこそが伝統で培われてきた素晴らしい表現法なのです。ただ時には、「かな」どめにしないで、明確な断定にしたほうがいい場合もあります。うつぎさんの作品を例に取って学んでみましょう。どちらが印象鮮明か説明の必要はないですね。

高舞ひて星に紛るる蛍かな	うつぎ
高舞ひて星に紛るる蛍あり	うつぎ

ごと俳句は一番良い感性訓練法

初心者の方には、「ごと俳句」をお勧めします。感じて詠む習慣を身につけるためにはとてもよい訓練法なのです。ごと俳句を軽蔑視する論者もいますが、論に長けていても決して良い句は詠めません。幼子には貪欲な好奇心がありますね。その心こそが俳句の肝なのです。常識、知識、理窟は捨てて、幼子と同じ目線、視線で自然と対峙して心を通わせましょう。明日香さんは、昨日の布引吟行でこんな句を詠みました。

滝壺の深淵魔物棲むならむ 明日香

神秘的な滝壺の淵をじっと眺めていたら、突然、水底から魔物が現れ出てくるようなそんな錯覚を覚えたのです。 こどもたちならそのようなアニメのシーンをテレビや映画で見ているので、躊躇なくそう感じるでしょう。それを思い出してください。これが心を遊ばせるいうことなのです。そんなことはあるはずがない・・・、という常識的な視点からは決してこのような作品は授からないでしょう。