サーバーを移転してもURL(アドレス)が変わらないのはなぜ

インターネットの仕組み

インターネットは全世界につながっています。そのネットワークに対して情報発信する仕掛けとその情報を探しだして閲覧する仕掛けとがあります。私たちユーザーはブロバイダーという仲介者を通してネットにつないでいますが、GHはどういう仕組で発信しているのでしょうか。

ファイルサーバーとドメインサーバー

ネットに発信するためには静的、動的ファイルを置く場所が必要です。自分でサーバーを構築することも可能ですが管理が大変なので大抵はレンタルサーバーと契約します。サーバに置いたファイルにはIPアドレスが割り当てられます。183.55.43.111とかいうようにとても覚えられないものなので、それを解りやすいドメイン名にしてファイルサーバーへ繋いでくれるのがドメインサーバーです。

独自ドメインの仕組み

GHは、gospel-haiku.com (ゴスペル俳句どっと混む!)という独自ドメインを取得してドメイン管理者と契約しています。gospel-haiku.com でネットアクセスすると、このドメインサーバーが登録してあるファイルサーバーへ転送してくれるのです。独自ドメインを取得しておけばファイルサーバーを引越ししてもアドレスが変わることがないのです。

新しい独自ドメインをもらいました

今回、新サーバー会社がキャンペーン中でサーバーを移転したら独自ドメインを1つプレゼントしますとのことで textgh.org という新しいドメインを作りました。このドメイがひとつあるとこれにサブドメインをつけていくらでも新しいURLが作れるのです。

という感じです。

今後、入門俳句レッスンや合評会のPDFテキスト、添削用紙などのダウンロードファイル群は、http://file.textgh.org に置くことにします。

なぜそんなにページを増やすのか

ま、趣味みたいなところもあります(^o^)。でも、ホームページをスマホ対応にしておくと、スマホから検索をかけたときに優先的にヒットするような仕掛けになっているので、いろんなジャンルに向けて発信しておくことで一人でも多くの方がGHを見つけてくださる。これが狙いなんです。